ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

【犬山城下町ランチ】『車山蔵』でバンザイしすぎるエビフライを食え!!


スポンサードリンク

 

 

やあやあどうもぶらりぼっち日和です。最近書き出しのレパトリーがなくなってきて困っていますが気にせず書いていきましょう。

今回も、前回に引き続き名古屋のうんまい飯をご紹介していきます。前回は名古屋駅激近のとり五鐡さんへお邪魔しました。

 

hitomishiriman.hatenablog.com

 

この記事では、

 

 

地方感溢れる場所の名物も良いけど、駅近美味しいご飯も最高だな!

 

 

 

とか言ってましたが今回の名物はバリバリの地方感溢れる場所にあります。自分の主張をひっくり返すくらい僕には朝飯前なのです(ダメな思考)

訪れたのは『犬山城下町』という場所です!

 

 

 

犬山城下町とは?

 

『犬山城下町』は、江戸時代の犬山城周辺の街並みをそのまま残した場所。歴史ある建築物や伝統名物を楽しめる観光客にがうってつけの名所です!

ここだけで一日潰せるくらいにボリュームがあり、犬山駅からも徒歩10分程度で着いちゃうのも魅力。

 

 

 

犬山城下町は犬山城の築城に伴い、もともとあった町を整備して作られました。商人や職人の同業者を近くに住まわせて、町の発展を促したとされ、鍛冶屋町・魚屋町などの町名に名残が見られます。

〜中略〜

現在も江戸時代と変わらない町割り(町の区画)がそのまま残り、江戸から昭和までの歴史的な建造物が立ち並びます。そして、なんと言っても国宝犬山城と有楽苑の国宝茶室如庵をお見逃しなく。国宝が一つの町に二つもあるのはとてもめずらしいんですよ。

 

引用:犬山観光情報

 

 

 

f:id:hitomishiriman:20180407143638j:plain

f:id:hitomishiriman:20180407143647j:plain

f:id:hitomishiriman:20180407143659j:plain

 

風情あふれる建築物がずらりと並びます。おみやげ屋さんはもちろん、お食事どころもかなりあるので食べ歩きもよし、カフェでゆったりするもよしな素敵な通りですね。

今回はこの犬山城下町にあるお店へ行ってきました!

 

 

『車山蔵』で巨大名古屋飯を食らう

 

訪れたのは『味噌カツ丼専門店車山蔵』というお店。もう見た目で一目惚れ。

 

f:id:hitomishiriman:20180407150049j:plain

f:id:hitomishiriman:20180407150101j:plain

 

いやん素敵な江戸時代具合❤️歴史を感じる見た目です。さらに注目すべきは、看板の一番下にある『しゃちほこ丼』なるメニュー。

なんだこのでかい物体は?見た目はエビフライのようですねえ。

 

 

 

\(^ω^)/

 

 

 

🦐(^ω^)🍤

 

いやちょっと無理やりだなすみません。

とにかく、まるでバンザイしているかのように天に向かって突き上げられたエビフライ!ここまで目を奪われてしまってはもう食べるしか選択肢はない。今回のお食事はここに決定です。

 

f:id:hitomishiriman:20180407163220j:plain

店内はオールお座敷で和風テイスト。若者団体客や若奥様等、年齢層は低めですね。すでに満員です。

 

f:id:hitomishiriman:20180407151635j:plain

こちらがメニュー。もちろん気になる『しゃちほこ味噌丼』をチョイス!

 

 

バンザイすぎる味噌カツ丼!!

 

f:id:hitomishiriman:20180407151920j:plain

f:id:hitomishiriman:20180407151926j:plain

f:id:hitomishiriman:20180407151930j:plain

 

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

 

 

\(^ω^)/ 

 

これが心惹かれたオワタ絵文字丼!!もとい『しゃちほこ味噌丼2,000円』!!

 

f:id:hitomishiriman:20180407152223j:plain

丼の中心には美味しそうな味噌カツが山盛りに。その両脇からにょきっと生えているのが特大エビフライです。

いやあすんごい。インスタ映えだなんだともてはやされる世の中ですが、こちらは完全にブログ映え!アイキャッチに採用したら人目を惹くこと間違いなしのフォルムです。こういうの求めたんだよ!!

一気にガブリとエビフライに食らいつきたいところですが、さすがにちょっと崩れそう。なので最初は味噌カツからいただきます。

 

f:id:hitomishiriman:20180407152504j:plain

味噌がたっぷりかかったカツ。厚さもなかなかです。それでは一口。

 

 

肉やわらけえ……

 

 

素で声が漏れてしまいました。近くのヤンママが怪訝な顔でこちらを見てきますが気にしない。

がっつりした歯ごたえかなと思いきや、かなりの柔らかさを持っています。プリプリで非常に食べやすい!

上にたあっぷり塗られた味噌。これがコやたらとコク深い!見た目は松崎しげるのごとき真っ黒さ。味も見た目に違わぬ濃いインパクトを残します。

衣にたっぷり染み込み、柔らかで肉厚なカツをコーティング。味わいをしっかりサポートしてくれます。

香りは焼き味噌のような感じ。香ばしさが普通の味噌とは違う……。どことなくこんがり感が漂います。

 

f:id:hitomishiriman:20180407153958j:plain

カツの下には大量のキャベツ。とんかつと千切りの黄金コンビは古来より決まっている……!!

 

お次は目玉の特大エビフライ!

 

f:id:hitomishiriman:20180407154333j:plain

いつも通り掌と比べればよかった……。

とにかく長い!そしてでかい!箸で持つとずっしりとした重量感。身もぎっしり詰まっていそうですが果たして……?

 

f:id:hitomishiriman:20180407154435j:plain

ぎっしり!!!
\(^ω^)/

 

衣のカサ増しは無し。プリプリの肉体が中心に揚げられ、衣は肌着程度にファサア……。素晴らしいですねえ。

カツと同じく、食感もプリプリ。肌着を突き破ると、その下の白く綺麗でツヤツヤな肉体が露わに。口の中でプリプリと踊ってくれます。

 

 

へえ……綺麗でプリプリな身体してるね?

 

 
 

やだ///もう///

 

 

 

*この時点で筆者ちょっと眠い

 

これが二本あるのは素敵の極み!大量に山盛られたカツに超ビッグサイズのエビフライ。腹に申し分ないほどガツンとくる極上の丼です。

 

f:id:hitomishiriman:20180407155006j:plain

見た目のインパクトは◎!そして肉厚さも歯ごたえも◎!見た目味も楽しんで、ごちそうさまでした!

 

大満足の腹ごしらえ!

 

犬山城下町でぶらぶら観光する前に、うってつけの腹ごしらえございました。

手抜きなしの美味しいプリプリ肉とエビをモリモリ頂けるのはありがたい!この丼ひとつに男の欲望をガンガン盛り合わせたような感じでした。

少しお値段は張りますが、ここで元気をチャージして観光するのも良いでしょう。他にも恋小町団子という名物デザートや犬山城等、近場にたくさんの見所があります。

犬山城下町に来た際はぜひフラっと寄ってみてくださいな!


営業時間やアクセス等

 

関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 犬山駅犬山口駅

 

 

犬山駅へのアクセス

 

最寄りの犬山駅へのアクセス等はこちらから!

↓↓↓↓↓↓↓

 

https://inuyama.gr.jp/map-transportguide