ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

【王ろじ】新宿にひっそり佇む斬新カツカレーのお店!柔らかカツと、とろーりリゾット風ライスの絶品コラボ!


スポンサードリンク

 

 

 

普段のイメージと違う料理が出てくるのが面白い!

 

 

 

ということを、いろいろ食べ歩いてるとふと思うわけです。

カレー・ラーメン・ハンバーグ等多くの種類の食べ物を食べていく中で、『お?これは普段とは違うぞ?』と思える見た目や味わいの料理に合うことが度々あるんですよね。

今回も大都会の中にひっそり佇むお店で、ちょいと変わったフォルムの料理をいただいてきました!

 

  

 

繁華街にひっそり佇む『王ろじ』へ

 

王ろじの入り口

訪れたのは、新宿『王ろじ』さん。様々なお店がひしめく大都会、新宿。

ここで大通りから一本外れた小道にひっそりと佇んでいます。

 

 

騒がしい街で、こんなに隠れた閑静な場所があったのか……

 

 

 

王ろじの店内・雰囲気

 

王ろじの店内

ちょうどランチどきに入店。店内はほぼ満席です。雰囲気としてはTHE・定食屋さんですね。

 

 

王ろじのメニュー

 

王ろじのメニュー①

王ろじのメニュー②

メインはとんかつとカレー!そこを中心に豚汁やビール等丼に合いそうなメニューが並んでいます。メニューの種類は少なめですね。

注文したのはとん丼(カツカレー)の大盛り1,200円!

 

 

不思議なフォルムの特製カツカレー!!

 

とん丼(カツカレー)

トンカツのアップ

 

 

おおう、こんな竹みたいに盛り付けされてるのかww

 

 

 

カットされた平たいトンカツがカレー皿に乗っているのが一般的なフォルム。

王ろじさんでは、竹を斜めに切ったようなトンカツがご飯に盛り付けられいます、というか、生えていますw

 

 

トンカツのアップ①

トンカツのアップ②

どの角度から見ても丼からトンカツがニョキッと生えてます!

衣の焦げ目が均等ではなく、とても良い『手作り感』が醸し出されていますね。カレーの薫りにもほんのり焦げが混じり、香ばしい薫りになっています。

 

 

スプーンに乗せたトンカツ

サイズは二口くらいで食べれるような大きさ!切り口が分厚くかなり食べ応えがあります。

 

 

これほど分厚いのにかなり柔らかいぞ!めちゃくちゃ食べやすいです!

 

 

 

トンカツなので噛み切る勢いで食べたのですが、ハンバーグのようにフワッとした食感でびっくり!大きさに似合わぬ優しい食べ応えです。

 

 

カレールーのアップ

続いてルーをスプーンですくうと焦げ目がちらほらと!これにトンカツの衣が少し混ざり、素敵な香ばしさを放っています。

食べると白米の水分がやや多め!とろっとしていてリゾットのような食感です!

 

 

ここにカレーが合わさり、香ばしいカレーリゾットみたいになってるねえ

 

 

 

トンカツの焦げ目

トンカツの衣は焦げ目が多め。なので味は結構苦い寄りですね。しっかり揚げられているのでかなりサクサクな食感です!

 

 

大盛りご飯の断面

大盛りはご飯とカレールーのバランスが悪いのでちょっと注意です!特に最初は白米が見えてこないためトンカツとルーでモリモリ食べ過ぎちゃうw

 

 

トンカツとソース

ソースをさらにかけたトンカツ

ルーは結構辛味が強い!ですが舌触りはまろやかなのでそこで食べやすさをカバーしています。

ただ、ちょっと辛さを抑えたくなったらソースで味変がおすすめ!非常にまろやかな甘みが生まれてきます。

 

 

ソースをかけたトンカツのアップ

空の器

最後までサクサクな香ばしいカツカレー!ごちそうさまでした!

 

 

香ばしさの強い柔らかカツカレーでした!

 

いつものカツカレーとは違ったイメージをくれた王ろじのメニュー!そんな見た目の印象と、少し苦く香ばしい味わいが絶品なカレーでございました。

見た目は意外と小さいかな?と思いましたが、食べると結構お腹に溜まるボリューム。白米とおかずのバランスは必ず気をつけてくださいねw

場所が大通りから一本外れた場所にあるので『本当にここか?』となりますが、惑わされずにきてくださいね。ついリピートしたくなる静かなお食事処がそこにはあります。

 

  

営業時間やアクセス等

 

関連ランキング:とんかつ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅