ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

【新世界菜館】神保町の老舗中華料理屋!ボリューミーな豚角煮カレーの脂に舌鼓みを打つ!


スポンサードリンク

 

 

 

 

今回は神保町の中華料理屋で角煮カレーをもぐもぐ!

 

 

中華料理屋なのにカレーも置いてあるというのがなんとも不思議ですが、まあ神保町は多くのお店がありますしそういうところもあるんでしょうな!

今回のお店はちょっとした高級感に触れながらお食事ができる場所です!

 

 

 

神保町の老舗『新世界菜館』へ!

 

新世界菜館の入り口

訪れたのは、神保町『新世界菜館』!神保町駅から徒歩五分ほどの大通り沿いにあるお店です。

この新世界菜館はなんと1946年にオープンしたお店!戦後直後からずっと続く老舗中華料理屋です。

 

 

結構高級な中華料理屋です!

 

 

新世界菜館の店内・雰囲気

 

新世界菜館の店内

お客さんの年齢層は比較的高め。中年サラリーマンや壮年夫婦の方が多いですね。広めの店内からは高級感が漂っています!

 

 

老舗店舗だからか、店員さんの対応も若干ホテルのような丁寧さがあります 

 

 

 

新世界菜館のメニュー

 

ランチメニュー

こちらがランチメニュー。ランチメニューといえばどのお店もリーズナブルな場合が多い。ですが新世界菜館は割とお値段高めですね。

 

 

ランチからフカヒレのコースを食べれるとかなかなか豪勢だな……! 

 

 

通常メニュー

こちらが通常メニュー。中華の王道メニューが勢揃いします!こちらもやはりお値段は高めですね。

 

 

新世界菜館の人気メニュー

今回はこちらの新世界菜館人気メニューから『豚角煮カレー1,200円(税抜き)』を選択!これと『えび蒸し餃子600円(税抜き)』も注文しました。

大盛りは+100円なのですが、店員さんに聞いたら

 

 

普通盛りでも結構多いですよ 

 

とのこと。なので今回は普通盛りを注文します。

 

 

角煮の脂がたまらない!素朴なスパイシーカレー!

 

豚角煮カレー

角煮のアップ

 

 

角煮の脂が溶けてルーが透き通ってるやん……! 

 

明らかにカレーとは違う透明度を持っていますねえ!脂が溶け出しほんのりプカプカ浮いております。

  

 

カレーと拳の大きさ比較画像

大きさを比べると、確かに普通盛りにしてはデカい!これにスープもつくので結構満腹にはなりそうです。

 

 

カレールーのアップ

上から見ると比較的玉ねぎが多めな印象があります。

 

 

スプーンですくったカレー

 

 

スプーンですくうとやっぱり玉ねぎ多め! 

 

食べてみると具材がよく煮込まれていてとろみ深い味わい。味は結構スパイシーです!カレールー自体は意外とサラサラ!ちょっとスープに近い食感です。

 

次はデデンと真ん中に置かれた角煮をいただきましょう!

 

 

スプーンで持ち上げた角煮

 

 

角煮がほぼ脂!めっちゃとろけるなあ 

 

カレー自体は素朴な味わいで『普通に美味しい』というくらい。

ですが角煮は抜群に溶けて旨い!カレーに角煮の脂が混ざり、サラサラしたカレーがこってりした舌触りへと変化します。

 

 

卵と混ぜたカレー

卵を混ぜると、脂の時とは違ったこってりへ!まろやかで甘みのあるマイルドさが特徴のカレーになっています。

 

 

カレールーと卵のアップ

ぶっちゃけカレールー自体は、感動するほど美味いということはありません。より強いとろみやインパクトを求めるなら、神保町の別のカレー屋がオススメです。

*最後にリンクあり
 

 

 

角煮が美味しさの中心というメニューですね。しかしカレールー自体も非常に素朴で手作り感にあふれた味をしています!僕はこういうのも大好き❤️ 

 

 
 

えび蒸し餃子

こちらは一緒に頼んだえび蒸し餃子!透き通ってキレイな皮が特徴的です。

 

 

食べかけのえび蒸し餃子

 

 

めっちゃもっちりしてる!葛餅みたいだ!

 

蒸しているので普通の餃子のようなジューシーさはなく、和菓子のようなもっちり食感がクセになります!

エビの風味がかなり強いですねえ。中身がぎっしり詰まっています!

 

 

脂身とカレールー

空の器

素朴なカレールーに角煮の脂を合わせながら、ごちそうさまでした!

 

 

新世界菜館の口コミ

 

 

昼飯が楽しみになる神保町へ久し振りに来た。

時間があるので混んでいてもキッチン南海へ行こうかと思ったが、列を見て勢いが萎えてしまった。仕方なしにウロウロとしているうちに、新世界菜館の前にさしかかった。

確か新世界菜館にはカレーがあったはずとメニューを確認。
あった!

地下のフロアへ案内され、お茶とメニューが届けられた。
メニューをよく見ると、カレーだけで4種類もある。
 ・中華風カレー
 ・豚角煮カレー
 ・拝骨カレー
 ・カツカレー
迷ったが「豚角煮カレー」を選択。

オーダーすると、まずサラダと水が提供された。

サラダを食べながら待つこと約6~7分、豚角煮カレーがやってきた。何故か中華スープのボウルに入った味噌汁も付いてきた。

カレーライスはライスもたっぷり、ルーもたっぷり、豚の角煮が3切れ添えられている。

先ずは角煮をスプーンで切ってみる。
角煮は柔らかく、簡単にスプーンで切れた。
食べてみると、口の中でほぐれて美味しい。
角煮カレーを選択して良かったと思わず口に出そうであった。

カレーもこくがあって美味しい。また、味噌汁が何故か口直しにちょうど良い。

全部食べ終わると、さすがに満腹である。
私にはちょっと食べすぎかと思える量であった。
でも、ライスとルーの量のバランスが良く、白いご飯が余ったりしないのが良い。

満足な昼食でカレーモードは満たされたのだった。次回は拝骨カレーに挑戦かな。

 

引用:食べログ

 

 

 

角煮の柔らかさはやはり人気のようですね。量も満足する方が多いようです!

 

 

少し高級な老舗中華料理屋である『新世界菜館』。お値段はそれ相応という感じでしたね。

ただこちらのカレーは素朴さが強いので、もっとどろりとした特徴のあるカレーを食べるなら、以下の他のお店もオススメです!

 

hitomishiriman.hatenablog.com

 

hitomishiriman.hatenablog.com

 

 

営業時間やアクセス等

 

関連ランキング:中華料理 | 神保町駅九段下駅竹橋駅