ぶらりぼっち日和

人生回り道。のんびり生きる仕事嫌いな20代

【杉本の店】大宮で大盛り丼ランチ!海老フライ&ふわトロ卵を腹一杯食べよう!【営業時間やアクセス情報あり】


スポンサードリンク

 

 

記事トップの、大宮『杉本の店』の海老フライ丼のアップ写真

 

   

とにかくかきこみたくなる!液体のように喉へぶち込まれる卵丼を、うんめえエビと共に大宮で食べてきたぞ!

  

 

 

 

営業時間やアクセス情報

 

関連ランキング:丼もの(その他) | 大宮駅

 


 

大宮『杉本の店』へ!

 

大宮『杉本の店』の外観写真

大宮『杉本の店』のドアのアップ写真

今回訪れたのは、大宮『杉本の店』!大宮駅東口にほど近い商店街の中にあるお店です。

インスタで見つけたのですが、なかなかのデカ盛りグルメ写真が流れてきてました。ガッツリめの定食などを提供しているらしく、お腹をすかせたサラリーマンを中心に人気のお店らしいですよ。

 


 

杉本の店の店内・雰囲気

 

大宮『杉本の店』の店内写真①

大宮『杉本の店』の店内写真②

大宮『杉本の店』の店内写真③

4人用テーブル席が2つと、カウンターが10席未満くらい。全部で15席くらいすね。

店内は普通にキレイ。町の洋食屋さんという雰囲気です。11時30分入店で5人ほど先客がいました。

 


 

杉本の店のメニュー

 

大宮『杉本の店』のメニュー表写真

 

   

おおお、写真からしてなかなか盛ってますなあw

  

カレー、丼物、定食系と、スタミナ満点ガッツリメニューが揃いますねえ!

生姜焼き丼やカキフライ&ハンバーグカレーなど、魔の誘惑があり迷いましたが今回は『海老フライ丼大盛り1,300円』を選択!

 


 

卵&エビ&白米盛り盛りな丼!

 

大宮『杉本の店』の海老フライ丼セットの写真

大宮『杉本の店』の海老フライ丼単品の写真

海老フライ丼大盛り1,300円

 

   

~~~っかああああ~~~!!キラキラ卵がモリモリだわ!

  

リアクションが謎ですがとにかくキラッキラな卵がドーーーン!



 

大宮『杉本の店』の海老フライ丼のアップ写真

丼一面に広がる卵の海。近づけるとダシの良い香りが漂ってきます!

白身はしっかりダシが染み込んだような色の濃さ。全体にしっかり染み渡っているようなビジュアルです。




大宮『杉本の店』の海老フライ丼と拳のサイズ比較写真

やはりでかい!器も深さがあるのでかなりボリューミーな感じですねえ。

それでは一口!




大宮『杉本の店』の海老フライ丼をレンゲですくっている写真

 

   

ダシの味がかなり濃い!たっぷりと染み込んでいてウマーーーーー!!

  

『ダシがしみ混んだようなビジュアル』という予想、大正解!

濃い味をたっぷり含んだトロトロ卵。ほぼ液体のようにスルスルっと喉を駆け抜けます。




大宮『杉本の店』の海老フライ丼の断面写真

ライスも卵もかなりぎっしり!奥深くまで入っていますが、卵の食感が軽やかなのでさくさくっと食べれちゃう。

この一面に広がる卵を退けると……?




大宮『杉本の店』の海老フライのアップ写真

 

   

今度はエビが敷き詰められてるゾーーーーー!!!

  

一匹食べちゃいましたが、ゴロッとしたフライが3本!卵だけでも十分に丼を楽しめたのですが、まだまだ主役が出てくる感じが良い。

ちなみに僕がエビを食べてる最中にも、同じ料理の注文があったのですが、

 

 

   

すみませんエビはもう売り切れなんですよー!

 

とのこと。

まだ12時ちょっと過ぎたくらいの時間なのに、品切れが早いな……。

平日でこの早さなので、エビ目当ての人は開店ダッシュくらいした方が無難でしょうね。

 


大宮『杉本の店』の海老フライをレンゲで持ち上げている写真

ダシが染み染みしており、かなりのしんなり具合。

プリプリの中身と濃い味の衣が最高です。旨さがエビ全体に染み渡っているぞ。




大宮『杉本の店』の海老フライ丼の白米のアップ写真

白米も結構あるのでバランスには気をつけて食べましょう。




空の器の写真

トロトロ卵とプリプリエビ、幸せに両方楽しみながら完食!ごちそうさまでした!

 


 

杉本の店の口コミ

 

 

 


 

ふわふわ卵をエビと共にかき込め!

 

食べ終わればしっかり満腹!ですが卵がフワフワでかきこみやすいのでスイスイ食べれちゃいましたね。

駅近ですし、営業マンにもかなり重宝しそう。ボリューミーな料理は働く人の味方だ。

 

   

他にも色々スタミナつきそうな料理があって気になるなー!